毛根で毛を作る酵素の役割とは?

酵素は私たちの体内に生まれ持って存在しているのです。

生命活動を維持するために働いていますが、年齢を重ねるごとに減少します。

 

酵素が減少することで薄毛が進行するとも言われています。

それは毛根で毛を作る役割を担っているからです。酵素が働かないと黒い髪の毛が生えてきません。赤血球とメラニンが酵素の働きにより髪の毛を作っています。そのためにミネラルも必要です。

 

これがないと酵素がうまく働けずに薄毛や抜け毛などトラブルを抱えることになります。日本人は髪の毛の色が黒いですが、これもチロシナーゼと呼ばれる酵素によって色が付けられています。

年齢を重ねると白髪が増えると思いますが、これは酵素が減少してくるからです。

髪の毛は毛根の下にある毛母細胞で作っています。毛母細胞の中心に毛乳頭があり、毛を作るために栄養素や酵素を受け取って生成しています。

そこから細胞分裂をしています。酵素は健康な髪の毛を作るためになくてはならない存在です。黒い色を付けるのも、健康な髪の毛を作るための役割を担っています。育毛に酵素が良いと言われているのはそのためです。

 

アンチエイジングとダイエットにスキンケアなどにも

最近では糖分を減らすダイエットは浸透し定着してきているように思えませんか?
主に、主食としてきた炭水化物。お米やパンに麺類などをやめるなどというものです。
糖分が良くないものっと言うものではなくて、摂取後30分から1時間半程度に血液中の血糖値を90度の角度で上昇してしまうことにあるといいます。
これは血管の収縮への影響、肌のたるみの原因。ガンなどにも関連するのではないだろうかと考えられてきているそうです。
 現在実際に取り組んでいるところですが、どうしても周りの人たちが炭水化物好きであると食べてしまうこともあります。
季節の野菜を摂る事と、たんぱく質肉や大豆などと乳製品です。
肌の引き締まりや、ボーっとした倦怠感は取れるような感じがします。現在運動なしで、6キロほどの減量に成功しました。
他にはやはり運動は必要なのではないかと考えています。